主婦が目指す社会保険労務士の資格(仕事について)

社会保険労務士は、主婦はもちろんですが女性全般に向いている国家資格の一つです。
どのような仕事をしているかと言うと、主に企業の労務や人事に関わる法律的な業務に携わります。

例えば、企業で働く労働者は社会保険や労働保険に加入することになりますが、社会保険労務士は、その手続きの代行を行います。 顧客である企業に成り代わり、種類を作成し、公共職業安定所や労働基準監督署、社会保険事務所等に提出するのです。
その他にもどうすれば従業員が働きやすい環境を作れるか、賃金制度をどうするか、就業規則はどうするか、良い人材を確保するにはどうするかなど、多くの業務があります。 これはほんの一部ですが、他の業務を以下にまとめて見ました。

●健康保険、厚生年金保険、雇用保険の加入手続き
●就業規則、賃金制度の作成
●従業員の募集、採用、退職についての相談
●労働問題に関するトラブルの解決
●社内研修の指導・相談
●年金請求など
●人事に関するコンサルタント業務

このように企業で働く「ヒト」に関してならほぼすべての業務に携わる事になります。
要するに人事・労務管理に対する法律のスペシャリストと言えます。

次に仕事内容がわかれば、働き方を説明したします。
社会保険労務士は、基本的に独立開業型の資格です。 資格を取得後、事務所を立ち上げ、自分が代表となり仕事をしていく事になります。
但し、事務所を立ち上げるといっても何も何十万、何百万と高い賃料や保証金を使う必要はありません。自宅を事務所して開業することができるので、資金がなくても仕事をすることが出来ます。
ですから、普段家事や子供の世話で忙しい主婦でも安心して在宅で仕事ができるのです。
しかも一人で仕事をこなせば、売上がほぼ自分の収入となるので、旦那さんの年収を超える事も 決して夢ではありません。 これが社会保険労務士の一般的な働き方です。

しかし独立しなくても、企業や社会保険労務士事務所に就職して働くというやり方もあります。 要するに企業内社会保険労務士ということです。
この場合、仕事内容は変わりませんが、独立する場合に比べて収入は低くなります。
又組織に属する事になるので、就業時間や休みの都合は付きにくくなる可能性はあります。
どちらの働き方を選ぶかは、今の環境に左右されますが、仕事のやりがいは十分に感じることが出来ます。 もしこれから本格的に社会進出したいと考えていれば一度取得を目指して見てください。 おすすめの資格です。

就職に役立つ資格
簿記2級、ファインナンシャルプランナー、宅建

自宅で仕事をするなら
行政書士、社会保険労務士、ファインナンシャルプランナー

ガッツリ稼ぎたいなら
行政書士、社会保険労務士、ファインナンシャルプランナー


≪おすすめ学校LINK≫
フォーサイト : 広告費を抑え、「低価格」&「高合格率」で話題の通信教育。
ユーキャン : 資格から趣味まで、開講講座多数。

通信講座人気ランキング

フォーサイト

フォーサイトは、満点を目指すのではなく、合格点主義の勉強を推奨しているので効率よく学習していくことが可能です。 又人気NO.1の秘密である、ハイビジョン撮影したDVD講義やフルカラーのテキストが話題になり、 さらに受講料が驚きの低価格。 フォーサイトいわく、広告宣伝費を使わない分教材に力を入れているとのこと。


ユーキャン

わかりやすいテキストと低価格が強み。初心者用の講座で、はじめて勉強する方にはおすすめです。CMなどの影響で知名度も抜群にあり、安心して受講する事が出来ます。 但し宅建以外、DVDやCDの講義がないのが唯一の欠点に。