主婦が目指す宅建の資格(仕事について)

宅建と言う国家資格は、皆さんも一度は聞いた事のあると思います。
正式名称は、「宅地建物取引士」といって、不動産を中心に建設業や住宅メーカーで 良く用いられる国家資格です。

宅建の資格があればどのような仕事が出来るかというと、一番代表的なのが、 契約時の書面の取り交わしです。
例えば、不動産売買や賃貸契約の際は、重要事項の書面を用いて、顧客に土地や物件について 説明しなければいけません。その仕事を宅建有資格者が行います。
また、不動産業を営む会社なら各事務所に5人の1人の割合で有資格者を配置しなければ いけない決まりもあります。 他にも上げればきりがありませんが、不動産業の仕事では宅建は必要不可欠だということです。

働き方については、冒頭で説明した不動産、住宅メーカー、建設業で、就職して その力を発揮する事になります。 特に現場でまだまだ有資格者が足りない現状があることから、 不動産や住宅メーカーでの就職に強く、この業界に就職・転職を考えているなら、是非取得しておきたい資格です。

さらに独立開業するためにダブルライセンスで仕事をする人も増えています。
例えばファイナンシャルプランナーの資格を取得すれば、不動産と金融は密接なつながりが あるので、不動産の手数料の他に家財保険料などの保険の手数料も同時に得ることができ、 高額な年収をたたき出すことも出来ます。

このように宅建は就職・転職に強い一方、様々な工夫をすることにより独立開業することも決して難しくはありません。 もちろん成功できるか出来ないかは、経営やビジネスセンスが必要になるので、 一概におすすめできませんが、うまくいけば安定したビジネスモデルを確立するこができます。

ただし主婦の場合は、宅建を取得して独立すると言うのは、すぐには難しいと思うので、
まずは就職して安定した収入や資格手当てを貰いながら仕事をしていったほうが良いでしょう。 その先に、時間の自由が利くようになり、仕事への視野が広まればダブルライセンスで独立するのも一つの手だと思います。

不動産の知識は今後生きて行くために必要になりますので、就職のためだけではなく、
自分や家族のために勉強するのもよいのではないでしょうか!

就職に役立つ資格
簿記2級、ファインナンシャルプランナー、宅建

自宅で仕事をするなら
行政書士、社会保険労務士、ファインナンシャルプランナー

ガッツリ稼ぎたいなら
行政書士、社会保険労務士、ファインナンシャルプランナー


≪おすすめ学校LINK≫
フォーサイト : 広告費を抑え、「低価格」&「高合格率」で話題の通信教育。
ユーキャン : 資格から趣味まで、開講講座多数。

通信講座人気ランキング

フォーサイト

フォーサイトは、満点を目指すのではなく、合格点主義の勉強を推奨しているので効率よく学習していくことが可能です。 又人気NO.1の秘密である、ハイビジョン撮影したDVD講義やフルカラーのテキストが話題になり、 さらに受講料が驚きの低価格。 フォーサイトいわく、広告宣伝費を使わない分教材に力を入れているとのこと。


ユーキャン

わかりやすいテキストと低価格が強み。初心者用の講座で、はじめて勉強する方にはおすすめです。CMなどの影響で知名度も抜群にあり、安心して受講する事が出来ます。 但し宅建以外、DVDやCDの講義がないのが唯一の欠点に。